トップページ

工藤クリニック
整形外科専門医・リウマチ専門医

インフルエンザワクチンとは、インフルエンザにかかり発症して亡くなったり、後遺症が残る重症化を起こしにくくするためのワクチンです。

インフルエンザに感染すると、インフルエンザウイルスによって気管支炎、肺炎、脳炎、脳症を起こして重症化しやすい病気です。脳障害の後遺症が残る場合や亡くなることがあります。

毎年200~500人の子どもがインフルエンザが原因で脳炎になっています。脳炎までいかなくても飛び降りなどの異常な行動を起こす可能性があります。

日本での死亡者は年間、約1万人と推計されています。

インフルエンザワクチンはWHO(世界保健機関)もこのワクチンをすべての人が接種するように勧告しているものです。


 

整形外科一般
・怪我(打ち身、捻挫、脱臼、骨折、突き指、切り傷、すり傷)
・むち打ち症、首・肩の痛み、手足のしびれ・冷え
・肩こり、五十肩、手の痛み、肘の痛み
・腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、骨盤の痛み
・股関節の痛み、歩行障害、肉離れ
・膝の痛み、足の痛み、外反母趾、巻き爪
・骨粗鬆症、圧迫骨折
・痛風、腱鞘炎など

休診日:土曜日午後.日祝日
さいたま市協定医療機関
交通事故 労災指定 生保 各種保険取り扱い